心理経営学科 学科の特徴

心理学は、人間の行動と心の動きを科学的に研究する学問です。
本学では、実生活に関わる心理学を読み解き、ビジネスシーンやスポーツの分野で活かせる知識を身につけます。
すべての科目において、社会で応用できる知識=「実践知」の習得を目指し、近未来の社会で活躍できる力を磨きます。

自分を知り、人を知り、社会を知る。「こころ」を読み解き、多分野で役立つ力をつける。

学科の特徴

1.実践知を目指した学び
ビジネスとスポーツの分野で、現代人が解決を求めている問題に心理学の知見を応用できるよう、「実践」や「現場」を重視したカリキュラムが組まれています。
2.現代社会のニーズに応える人材育成
コンピュータや科学・技術が進化する一方で、人間にしかできない仕事の重要度が高まっています。
本学科の学びは、交渉、相談、リーダーシップなど、人にしかできない能力の開発を目指しています。
3.地域と連携した「応用心理学研究センター」を設置
地域と時代が求める問題をテーマに、様々な公開講座や講演会、ワークショップを主宰。
また「心理カウンセリング室」では、学生や地域の人々が抱える「心の問題」の相談に応じています。
産業心理コース

人事管理や組織マネジメントといった経営学の基礎を学び、同時に心理学を学修することによってビジネスに直結する、実用的なスキルを修得します。本コースでは、「ビジネス心理学」「産業組織心理学」「集団の心理学」「職場のメンタルヘルス」「心理療法概論」「産業カウンセリング概論・演習」等を学び、企業・組織内で働く人々の心理を理解するとともに、人材育成・能力開発やメンタルヘルスを支援する産業カウンセラーの育成を目指します。

目指す進路
●企業内の産業カウンセラー ●一般企業の人材育成・能力開発職 ●一般企業の人事職 ●一般企業の調査・企画職 ●心理カウンセラー ●キャリアコンサルタント ●医療・福祉系事務職 ●県庁・市役所の職員 ●大学院(心理学、経営学分野) 等
目指す資格
●産業カウンセラー ●認定心理士 ●ビジネス能力検定(B検)ジョブパス ●秘書技能検定 ●日本商工会議所簿記検定 等
消費者心理コース

経営学と心理学の両方を学ぶことで、ビジネスに活用できる、実用的なスキルを習得します。「対人関係の心理学」「性格心理学」「消費者心理学」等を学ぶことにより、消費者の心理を理解し、また「経営心理学」「マネジメント心理学」等を学び、「なぜヒット商品が生まれるのか」等を検証します。消費者心理の知識を身につけ、企業の成果に結びつけることができる人材を育成します。

目指す進路
●一般企業の調査・企画職 ●一般企業の商品開発職 ●一般企業の営業職 ●心理カウンセラー ●キャリアコンサルタント ●マスコミ業界 ●広告業界 ●大学院(心理学、経営学分野) 等
目指す資格
●認定心理士 ●リテールマーケティング(販売士) ●秘書技能検定 ●日本商工会議所簿記検定 等
スポーツ心理コース

経営学の知識を基礎に、運動とメンタルヘルスの関係、やる気を高める動機づけ、緊張時の不安を和らげるメンタルケアなど、さまざまな角度からスポーツと人間行動について学びます。カウンセリング技術等の実用的なスキルも習得します。人の心を理解し、スキルアップを促す人材として、スポーツ関連の仕事はもちろん、あらゆる分野のビジネシーンでの活躍が期待されます。

目指す進路
●メンタルトレーナー・メンタルコーチ ●アロマセラピスト ●医療・福祉系事務職 ●スポーツクラブの管理・運営職 ●子どもスポーツ教室のマネジメント職 ●地域・行政における運動指導員 ●幼児スポーツ教室の指導者 ●警察官・消防官 ●大学院(心理学、体育学分野) 等
目指す資格
●スポーツ保育教育士® ●日本体育協会公認指導員(スポーツリーダー)(ジュニアスポーツ指導員)(アシスタントマネージャー) ●認定心理士 ●スポーツアロマトレーナー

Q&A

Q&A