学部紹介

経営学部の教育目標

 
   

 経営学部は、経営理論を学ぶことにより、今日の企業経営における組織運営の原理原則、組織の効率性等の専門的知識を修得し、さらには実践的な学習を通して経営感覚とマネジメント能力を身につけ、広くあらゆる組織の運営に貢献しうる人材を育成することを目的とする。

 
  1. 経営学科は、多様化・複雑化する現代の企業経営に関する「理論的学習」と産業界との連携による「実践的学習」により、実際のビジネスの現場で応用し活用できる能力を修得するとともに、人格的に優れ、ビジネス感覚と幅広い教養を身につけた次世代のビジネスリーダーを育成することを目的とする。
  2. スポーツ経営学科は、「人づくり」「まちづくり」におけるスポーツの果たす役割の重要性を認識し、スポーツと経営に関する理論的・実践的な学習により専門的能力を養い、経営感覚とスポーツの両面に優れ、将来広くスポーツ関連産業や地域におけるスポーツ指導の担い手となる有為な人材を育成することを目的とする。
  3. 心理経営学科は、心理と経営に関する理論的・実践的な学習により、消費者心理を理解し、それをマーケティング活動に応用し企業の成果に結びつけることができる能力を養うとともに、企業組織やスポーツ団体における人間関係のストレス問題の解決に、心理学的手法を用いて貢献しうる人材を育成することを目的とする。