学部紹介

メディアラボ

メディアラボとは「放送、インターネットなどの情報伝達媒体(メディア)の研究室」という意味です。実体は小さなテレビスタジオです。

主な機器・設備は、対談番組用スタジオセット、ビデオカメラ2台、どのカメラの映像を採用するかを決めるデジタル映像スイッチング卓、ノンリニア編集卓、照明設備、デジタル音声ミキシング卓、アナウンスブース(アナウンサー用2畳ぐらいの小スタジオ)等々です。

この部屋は、次のように使われます。
ビデオカメラマン演習、各種マルチメディア・コンテンツ(番組)制作演習、語学用の演習・教材作成、広告関連のCM制作演習、アナウンサーやキャスターの演習、映像編集演習などです。

地上デジタル放送も始まり、情報コンテンツ産業の役割は一層増大します。その担い手を育成するなど、静岡情報産業協会が提唱した「コンテンツバレー構想」とも連携していきます。

対談番組の制作演習風景

対談番組の制作演習風景

映像スイッチング卓と音声ミキシング卓

映像スイッチング卓と音声ミキシング卓

メディアラボメディアラボメディアラボ