就職支援情報

静岡産業大学トップ > 就職支援情報 > 大学院への進学支援

大学院への進学支援

もうひとつの進路、大学院へのサポート体制

就職という選択肢だけでなく、大学院への進学もサポートしています。
4年間の学びで興味を持った専門分野の研究をさらに深めることで、大学院修了後には、研究者や教員、企業の経営者、専門技術者などへの道が開けます。

大学院進学希望者のための授業を開講。

進学希望者を対象とした「大学院進学入門(2年次)」「大学院進学指導(3年次)」を開講。「大学院で何を研究したいのか」という目的を確認することからはじめ、大学院の受験の際に最も重視される「研究計画書」の作成に取り組みます。入試の面接時に自分の論旨をしっかり伝えられるようプレゼンテーションなども行います。

担当教員によるマンツーマンの指導体制。

研究したい専門分野にふさわしい教員が担当となり、徹底したマンツーマン体制で学生を指導。個別指導による研究計画書づくりに取り組むことで、大学院で目指す研究テーマをより明確にしていきます。早稲田大学や一橋大学などの志望大学院に、これまでに多くの学生が巣立っています。

大学院進学実績データ

■経営学部

第1期(1998.3卒)~第16期(2013.3卒)

大学名 研究内容
計26校
一橋大学大学院 経済学研究科
大阪大学大学院 経済学研究科
静岡大学大学院 人文社会科学研究科ほか
静岡県立大学大学院 経営情報学研究科ほか
岩手大学大学院 教育学研究科
早稲田大学大学院 経済学研究科ほか
明治大学大学院 政治経済学研究科
順天堂大学大学院 健康科学研究科
東京経済大学大学院 経営学研究科ほか
東京農業大学大学院 農学研究科
専修大学大学院 経営学研究科
大東文化大学大学院 経営学研究科
目白大学大学院 国際交流研究科
愛知大学大学院 経済学研究科
愛知淑徳大学大学院 ビジネス研究科
中京大学大学院 経営学研究科
中部大学大学院 国際人間学研究科ほか
名古屋経済大学大学院 会計学研究科
名城大学大学院 経営学研究科
日本福祉大学大学院 福祉経営学研究科ほか
岐阜経済大学大学院 経営学研究科
作新学院大学大学院 経営学研究科
浜松大学大学院 経営学研究科ほか
光産業創成大学院大学 光産業創成研究科
California State University 大学院
St.Cloud State University 大学院
■情報学部

第1期(2002.3卒)~第12期(2013.3卒)

大学名 研究内容
計35校
一橋大学大学院 商学研究科
筑波大学大学院 人間総合科学研究科
名古屋大学大学院 国際開発研究科
横浜国立大学大学院 国際社会科学研究科
静岡大学大学院 情報学研究科ほか
埼玉大学大学院 理工学研究科
山梨大学大学院 医学工学総合教育部
(研究科)
大阪大学大学院 経済学研究科
兵庫教育大学大学院 学校教育研究科
北陸先端科学技術
大学院大学
情報科学研究科
静岡県立大学大学院 経営情報学研究科ほか
静岡文化芸術大学大学院 文化政策研究科
横浜市立大学大学院 国際総合科学研究科
早稲田大学大学院 国際情報通信研究科ほか
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科
国際基督教大学大学院 アーツ・サイエンス研究科
明治大学大学院 経営学研究科
中央大学大学院 総合政策研究科
青山学院大学大学院 国際政治経済学研究科
立命館大学大学院 経営学研究科ほか
神奈川大学大学院 経営学研究科ほか
日本大学大学院 商学研究科ほか
文教大学大学院 情報学研究科
目白大学大学院 経営学科研究科
愛知大学大学院 経済学研究科
愛知工業大学大学院 情報科学研究科
朝日大学大学院 経営学研究科
名古屋外国語大学大学院 国際コミュニケーション
研究科
日本福祉大学大学院 情報・経営開発研究科
京都情報大学院大学 応用情報技術研究科
関西大学大学院 心理学研究科
阪南大学大学院 企業情報研究科
広島経済大学大学院 経済学研究科
常葉学園大学大学院 国際言語文化研究科
University of Tasmania 大学院

大学院へ進んだ先輩へインタビュー

先輩が拓いてくれた道へ自分も。先生の指導により実現できた。

チン ムヨウさん

チン ムヨウさん

早稲田大学大学院 国際情報通信研究科1年
情報学部情報デザイン学科 2012年3月卒業

静岡産業大学の提携校である中国福建省の福州第一中学より留学しました。すでに静岡産業大学へ留学した先輩たちが、大学院へ進学する道を拓いてくれていたので、自分も留学が決まった時点で大学院進学を考えていました。常に進学を意識して勉強に取り組み、専門的な知識や技術の習得など、早くから準備を始めました。言語力も重要なので日本語は1年生の時に能力試験1級を取得。英語能力の向上にも努めました。佐野ゼミでは、大学進学希望は私だけでしたので、マンツーマンに近い指導をしていただきました。研究計画の書き方や、研究テーマの指導、発表の仕方など、多方面からのサポートのおかげで合格できたのだと思います。大学院での研究テーマは「車、車間ネットワーク」。車、車間での無線通信を利用して、衝突回避や事故防止、情報交換に役立てる研究です。カーナビと連動し、見通しが悪い交差点等で、右から来る車を事前に知らせるなど、まだイメージの段階ですがいろいろトライしたいと思っています。将来は日本で就職した後、帰国して起業するのが大きな夢です。

情報学部 佐野 典秀 先生
Message 教員からのメッセージ

情報学部 佐野 典秀 先生

大学院への進学は、試験や面接が厳しく競争倍率も高いので、それをクリアする覚悟で勉強しなくてはなりません。大学でどんな研究をしてきたのかが重要となるので、ゼミ研究や卒業研究などしっかり指導していきます。また、大学院進学入門、大学院進学指導などの講義でもゼミ研究や卒業研究と連動して指導します。進学後、大学院ではどんな研究を行いたいかという研究計画をきっちり立てることが大きなポイントです。進学を希望する人は、早めに相談してください。先につながる研究テーマなど、道しるべを一つ一つ拾っていくと、その先にゴールがある。そのような道筋を立てて進学の夢をサポートします。