在学生情報

保健センター・学生相談【経営学部】

保健センターの主な業務

1.定期健康診断について

 学校保健安全法により学生は年1回の定期健康診断を受診することが義務づけられています。本学でも全学生を対象に定期健康診断を実施しています。
この健診を受けないと教育実習等の実習、進学、就職、アルバイト等の際に健康診断証明書を発行することができませんので必ず受診してください。
定期健康診断の結果、再検査や精密検査が必要である学生には個人的に連絡すると共に、医療機関への紹介や保健指導を行っています。
 なお大学で実施される定期健康診断を受診しない学生には、後日、最寄りの医療機関で健康診断を受け、その結果を提出してもらいます。その際の費用は自己負担となります。

2.健康相談について

 健康について不安、不眠、精神的悩み等を抱えている学生は保健センターに相談に来てください。
又カウンセリングの相談予約も受け付けています。
※メールでの相談も行っています。(k-hoken@ssu.ac.jpまで。)

場所 第1スポーツセンター2階
開設曜日 月~金
時間 10:00~16:45
3.応急処置について

 保健センターではベッドと応急薬品を用意しています。
学内や通学途中の負傷、体調不良等の学生は保健センターを利用してください。

※万が一に備えAED(自動体外式除細動器)を設置しています。

【設置場所】

  • 事務局前
  • 第1スポーツセンター入口
  • 第2スポーツセンター入口
  • 第3スポーツセンター入口
  • 3号館3階
  • 第1グラウンドサッカー部グラブハウス
  • 第2グラウンドグラブハウス1F
【使用方法】

AEDの音声ガイダンスに従ってください。

4.アパート等で一人暮らしの学生

 一人暮らしの学生は下記のことに十分注意しましょう。

  1. 常備薬として、胃薬・整腸剤・鎮痛剤・風邪薬・絆創膏・体温計などは各自で用意しておくといいでしょう。
  2. 病院などにかかる事もありますので、遠隔地被扶養者証(個人用の「健康保険証」)を取り寄せておきましょう。
    発行時に在学証明書が必要な場合は、事務局入口の「証明書発行機」を利用してください。
  3. 食生活を始めとして、自己の健康管理には十分注意しましょう。
5.感染症登校許可証書

インフルエンザ、はしかなどの感染症にかかり授業を休んだ場合は、医療機関による治癒証明証が必要となります。
「感染症登校許可書」に必要事項を記入し事務局まで提出してください。

カウンセリング

カウンセリングルーム(第1スポーツセンター2階)
開設曜日 火・木・金
時間 12:00~16:00

専門のカウンセラーが相談を受けます。
どんな悩みでもOK!一人で悩んでいないで、いつでもどうぞ。
もちろん秘密は厳守します。

悩み相談だけではなく、自分の今の状態や対処方法が知りたい方も気軽にどうぞ。
簡単にチェックできます!

  • 自分の性格や癖が気になる。
  • どんな相手となら気が合うのか知りたい。
  • 自分らしい自分に出会えているかなぁ。
  • 友達とうまくやっていきたい。
カウンセリングの予約について
  • お名前
  • 学籍番号
  • カウンセリング希望日、時間
  • 連絡先の電話番号

上記項目を記入して、下記の予約受付メールアドレスまで送信してください。
予約受付メールアドレス:k-soudan@ssu.ac.jp
直接カウンセラーまたは基礎ゼミ担当教員、保健センター職員へ申し込むこともできます。

セクシュアル・ハラスメントの相談は?

セクシュアル・ハラスメントと思われる行為に遭っている、目撃をした、友達から相談があった等のことで悩んでいたら、すぐに下記相談員に相談してください。

【平成28年度相談員】
教員 葉口英子
職員 川合孝弘 東奈穂美

保健センター・学生相談【情報学部】

保健センターの主な業務

1.定期健康診断について

学校保健法により、学生は年一回の定期健康診断を受診するように定められており、本学でも4月に定期健康診断を実施しています。
これを受診しないと、体育実技に支障をきたすだけでなく、進学、就職の際に必要な健康診断書を発行することができませんので、必ず受診してください。
定期健康診断の結果、再検査や精密検査が必要である学生には、個人的に連絡するとともに、医療機関への紹介や保健指導を行っています。
なお、大学で実施される定期健康診断を受診しない学生には、後日最寄りの医療機関等で健康診断を受け、その結果を提出してもらいます。
その際の費用は自己負担となります。

2.健康相談について

大学生活の中での心身の問題、困ったこと、相談したいことは保健センターに来てください。(秘密は厳守します。)

3.応急処置について

保健センターでは、ベッドと応急薬品を用意しています。
正課中や課外活動中、通学途中等でケガをしたり具合が悪くなった学生は利用してください。

※万が一に備えAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
【設置場所】正面玄関、3号館1階、2号館1階グランド側壁面
【使用方法】AEDの音声ガイダンスに従ってください。

家族と離れて生活する学生の方へ

病気やけが等で病院にかかるときには保険証が必要です。家族と離れて生活する学生は、「遠隔地被扶養者証」を必ず発行してもらいましょう。
発行の際、在学証明書が必要となりますので、証明書自動発行機を利用して入手してください。
また、家族と離れて生活する学生は、下記のことに十分注意をしましょう。

  1. 常備薬として、胃薬・整腸剤・鎮痛剤・風邪薬・ばんそうこう・体温計等は各自で用意しておくといいでしょう。
  2. 食生活をはじめとして、規則正しい生活サイクルに気をつけたり、自分の健康管理には十分注意しましょう。

学生相談について

学生生活を送る上で、「人生」、「勉強」、「心身」その他いろいろな悩みや問題が生じてきます。
これらは、最終的には学生個人個人で解決していかなくてはなりませんが、自宅やアパートで一人で悩み考え込むよりも、色々な人に相談をして対処方法を見つけてみましょう。

カウンセリングルームの利用について

専門のカウンセラーが相談を受けます。
どんな悩みでもOK!一人で悩んでいないで、いつでもどうぞ。
もちろん秘密は厳守します。

悩み相談だけではなく、自分の今の状態や対処方法が知りたい方も気軽にどうぞ。
簡単にチェックできます!

  • 自分の性格や癖が気になる。
  • どんな相手となら気が合うのか知りたい。
  • 自分らしい自分に出会えているかなぁ。
  • 友達とうまくやっていきたい。
カウンセリングの予約について
  • TEL:054-646-5401(保健センター)
  • 直接:カウンセラー・保健センターへ申し込むこともできます。
セクシュアル・ハラスメントの相談は?

セクシュアル・ハラスメントと思われる行為に遭っている、目撃をした、友達から相談があった等のことで悩んでいたら、すぐに下記相談員に相談してください。

【平成28年度相談員】
情報学部
教員 田畑和彦 田口敏行 松永由弥子
職員 林友紀 松角翔吾

悪質商法等の相談は?

訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法)等の悪質商法による巧妙な売り込み、勧誘等で契約してしまった場合、-人で悩んだり解決しようとせず、直ぐに家族、友人、指導教員、職員等に相談しましょう。
なお、解約手続き等については、下記の静岡県消費生活センターに相談すると安心です。

  • 東部 TEL:055-952-2299
  • 中部 TEL:054-202-6006
  • 西部 TEL:053-452-2299