大学紹介

静岡産業大学トップ > 大学紹介 > 研究所・研究センター 一覧

研究所・研究センター 一覧

経営学部

応用心理学研究センター
応用心理学研究センターは、心理学教育及び心身の健康に寄与することを目的として活動しています。「心理面接研究部門」では、「心理面接室」を通し、学生の実習の場の提供となることを目指し、「研究調査部門」では、専任教員及び心理学研究所所員を中心として調査研究を行います。また、「ビジネス心理学分野」や「心身の健康のための心理学」、「カウンセリング教育」に関する公開講座、講演会などを開催します。
経営研究所
経営研究所は、経営に関する理論的ならびに実証的研究を行い、地域産業社会及び経営の発展に寄与することを目的としています。紀要「環境と経営」年2回発行、公開講座開催、高大連携講座の実施、学部内研究大会の実施、学内ビジネスコンテスト開催、全学研究会の実施、パソコン講座の実施、SSUビジネスアカデミー勉強会開催、磐信ビジネスコンテスト審査協力、まちづくり磐田活動協力などを行っています。
スポーツ教育研究所
スポーツ教育研究所は、「スポーツ科学研究室」「トレーニングルーム」からなり、「スポーツ科学研究室」は生活習慣病研究データの収集などの研究室として利用されるほか、身体測定・体力測定及び講演会などを開催しています。「トレーニングルーム」は筋力トレーニングなど体力づくりができる施設を完備。様々な運動器具が用意され、エアロビも含め一度に100人の利用が可能です。

情報学部

情報デザイン研究センター
情報デザイン研究センターは、これからの情報社会に重要な情報デザイン及び情報リテラシーに関する研究・教育を行い、情報社会において活躍できる人材を育成することを目的としています。
■アジアビジネス研究センター
アジアビジネス研究センターは、アジアを軸としたグローバル社会におけるビジネスと地域活性化に関する研究・教育を行い、グローバル社会や地域社会において活躍できる人材を育成することを目的としています。
■日本語リテラシー研究センター
日本語リテラシー研究センターは、静岡産業大学情報学部において情報創造及び活用の基礎である「日本語を読む、書く、話す」に関する研究・教育を行い、情報社会において活躍できる人材を育成することを目的としています。
■地域学研究センター
地域学研究センターは、静岡県及び県内各市町の地域産業と文化の発展に寄与するため、静岡県の産業・文化に関する総合的な研究と教育を行うことを目的としています。
O-CHA学研究センター
O-CHA学研究センターは、静岡産業大学情報学部における教育のほか、静岡の象徴的産業であるお茶に関する科学・文化・流通等の総合的研究に関する理論的・実証的研究を行い、その成果をもって地域産業の発展に寄与することを目的としています。